2010年05月19日

反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ集会実施に関する注意喚起


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

タイ在留邦人の皆様へ

      【大使館からのお知らせ】
                    緊急一斉メール

===========================
反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ集会実施に関する注意喚起
(2010年5月19日、07:15)


タイ政府より、本日(19日)、軍が行動するので、封鎖地域や衝突地域周辺に住む人々は、屋内にとどまるようにとの緊急連絡がありました。これらの地域に居住されている方々は、屋内にとどまり、テレビ等により情報の入手につとめて下さい。なお、サラデーン方面に装甲車が出ていることが確認されています。


(問い合わせ先)
○仮事務所領事関係問い合わせ(旅券、証明、査証、邦人援護)
電話:(66-2) 672-5304、5305、5306
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511
○緊急電話(休日、夜間(17:45〜08:30)のみ受付)
 電話:(66-81)846-8265/(66-81)809-6074

posted by 瑠璃 at 10:40| バンコク ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 在タイ日本大使館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ集会・行進実施に関する注意喚起

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

タイ在留邦人の皆様へ

      【大使館からのお知らせ】
                    緊急一斉メール

===========================
【大使館からのお知らせ】
反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ集会・行進実施に関する注意喚起
(2010年5月15日18:00現在)


1.本日のUDDデモ関係の最新情勢は次の通りです。
15日午後2時、UDDは、集会場の物資が底をつきつつあるため、
インペリアル・ショッピングセンター・サムローン店、インペリアル・ショッピングセンター・ラトプラオ店及び
タイ・コム本社の3カ所(大使館ホームページ掲載の地図ご参照)を
集合場所として、物資を持ち寄り、ラチャプラソンの集会場へ
向けた行進を、UDD支持者に呼びかけており、
通過点になると見られるラチャプラロップ通り周辺で
散発的発砲が行われています。

2.また、タイ政府報道官代行は、15日、
陸軍第11歩兵連隊本部の緊急事態回復センター(CRES)より
一斉テレビ放送にて、
現下の情勢に関する国民向け説明を次の通り行っております。
(1)今朝のCRESの会合において、
治安当局より、14日22時の時点でのUDD集会参加者数が6,000名であるとの報告が行われた。
その内訳は、
ラチャプラソン交差点〜プラトゥナーム交差点:3,000名、
ラチャプラソン交差点〜パトゥムワン交差点:1,000名、
ラチャプラソン交差点〜チッドロム交差点:1,000名、
ラチャプラソン交差点〜ラチャダムリ交差点:500名、
ルンピニ公園:500名、である。
(2)UDDは、集会場地域を包囲する治安部隊の更に外側から、
更に包囲しようとしていることから、治安部隊は互いに連携をとり、
自らの防衛を強化し、包囲を受けないよう細心の注意を払うよう、
指示を行った

3.このような緊迫した情勢にありますので、封鎖地域はもとより、
その周辺および外周地域でも緊張が高まっておりますので、
封鎖地域付近には近づかないようにし、
封鎖地域付近に滞在している在留邦人、邦人旅行者については、
不測の事態に巻き込まれないため、厳に外出は控えて下さい。

4.大使館仮事務所の開設、
大使館周囲の治安状況の悪化により、
15日夕より、インペリアル・クイーンズ・パーク・ホテル内会議室に仮事務所を開設しました。
連絡先は以下の通りです。当面の間、お問い合わせ等は、
大使館ではなく、次の電話番号にお願いします。
なお、領事および広報文化窓口については、既にお知らせのとおり、
17日は閉鎖しますのでご理解をお願いします。
18日以降の窓口業務については追ってご連絡します。

大使館仮事務所代表
 ○02−261−9300 内線5025、5029
領事関係問い合わせ(パスポート、査証、証明、邦人援護)
 ○02−672−5504、5505、5506


(問い合わせ先)

○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511


続きを読む
posted by 瑠璃 at 00:32| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 在タイ日本大使館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

タイ国内の現下の政治状況に伴う注意喚起(2009年4月22日現在)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 タイ在留邦人の皆様へ

          【大使館からのお知らせ】
              
                     緊急一斉メール

============================
タイ国内の現下の政治状況に伴う注意喚起(2009年4月22日現在)

1.UDD(反独裁民主戦線)等親タクシン派集団等による反政府デモ等を受け、4月12日に発令された非常事態宣言は、22日現在においても解除されておらず、下記地域において有効です。
 ・バンコク都
 ・ノンタブリー県ムアン市
 ・サムットプラーカーン県の一部
 (バーンプリ郡、プラパデーン郡、バーンボー郡、バーンサオトン郡)
 ・パトゥムターニー県の一部
 (ラムルッカー郡、タンヤブリー郡、ラードルムケーウ郡、クロンルアン郡)
 ・ナコーンパトム県プッタモントン郡
 ・アユタヤー県の一部
 (ワンノイ郡、バンパイン郡、バーンサイ郡及びラードブアルァン郡)
  これら地域においては関係法令の規定により「5人以上の集会の禁止」、「一部交通手段の制限」、「報道の検閲」、「建物、地域の使用制限」等の規制が依然有効です。

2.現状において、バンコク都やチェンマイ県等の地域において、道路封鎖や大規模な反政府デモ・集会等の開催は認められず、治安は一応沈静化している状況ではありますが、政府支持勢力と反政府勢力との間の対立構造が根本的に解決したとは認められません。今回の反政府デモ等によりUDD幹部らの逮捕状が発布されているものの、主要幹部の数名は依然逮捕されておりません。また17日には、政府支持勢力であるPAD(市民民主化同盟)幹部の乗車する車両が銃撃され、同幹部が重症を負うという事件も発生しており、タイ国内の政治状況は依然予断を許さない状況にあるといえます。

3.よってタイに渡航・滞在される方は、これら現状を十分ご認識のうえ、報道等から最新情報の入手に努めるとともに、今後とも集会・デモ等の開催が報じられるような場合は、同付近には近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。加えて、これら集団はそれぞれのシンボルカラーとして赤色(親タクシン派)、黄色(現政権支持派)のシャツ等を着ておりますので、外出の際は混乱・誤解を避けるため、同色以外の服装の着用をお勧めいたします。


(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8501、696-3001(証明)
(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

○在チェンマイ日本国総領事館
 住所:Suite 104-107, Airport Business Park, 90 Mahidol Road,
    T. Haiya, A. Muang, Chiang Mai, 50100 Thailand
 電話: (66-53) 203367
 FAX : (66-53) 203373

続きを読む
posted by 瑠璃 at 18:32| バンコク | Comment(3) | TrackBack(0) | 在タイ日本大使館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

バンコク都を含む計6都県における非常事態宣言発令に伴う注意喚起(続報1) (2009年4月13日 13:00現在)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 タイ在留邦人の皆様へ

          【大使館からのお知らせ】
              
                     緊急一斉メール

============================
バンコク都を含む計6都県における非常事態宣言発令に伴う注意喚起(続報1)
(2009年4月13日 13:00現在)

1.13日午前3時5分、バンコク都内にある憲法裁判所に3発の爆弾が投げ込まれ、うち1発が爆発し、軍関係者1名が負傷しました。また、午前4時、警察隊は、バンコク都内戦勝記念塔付近のディンデーン地区に集まっていたUDDデモ隊に対し、催涙ガス等を使用して強制排除を行いました。その際に70名以上の負傷者が発生し、そのうち数名は重傷との報道がなされております。更にウィタヤー公共保健大臣は、UDDデモ隊がディンデーン団地前に置いたガス積載車が爆発した場合、付近に多大な損害をもたらす恐れがあるとして、周辺住民に対して緊急避難を行うよう呼びかけております。

2.サイアム・パラゴン、セントラル・デパート5店舗(センラル・ワールド、チットロム店、ラプラオ店、ピンクラオ店及びシーロム・コンプレックス店)及びZENデパートは、15日まで閉店することを決め、ビッグC・ラプラオ支店は50台のタクシーがラプラオ通りを封鎖したため、現在休業している状況です。

3.警察・軍及びUDDによる道路封鎖地域も拡大しており、戦勝記念塔付近を中心として現在二十数カ所(詳細は以下を参照して下さい)で道路が封鎖されており、今後封鎖地域が拡大する可能性もあります。

4.また、タイ政府は首都圏の治安状況回復のために、非常事態対策本部を設置する旨の首相府命令を発令し、治安の正常化に努めるとともに、アピシット首相は、15日までには正常化のための必要な対策をとるとしております。
つきましては、タイに渡航・滞在される方は、報道等から最新情報の入手に努めるとともに、治安情勢が沈静化するまでの間は不要不急の外出は控えるようお願い致します。更にUDDが占拠している首相府、UDDデモ隊が今後向かうことが予想される憲法裁判所、首相私邸(スクンビット31)等の政府機関・施設、その他集会・デモ等には絶対に近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう引き続き十分注意してください。
 加えて、政治的主張の違いに基づき、それぞれの集団は独自のシンボルカラーとして赤色(親タクシン派)、黄色(現政権支持派)のシャツ等を着ておりますので、付近地域に外出の際は混乱・誤解を避けるため、同色以外の服装の着用をお勧めいたします。


(道路封鎖地域)

1. ビパワディー通り(インバウンド)(UDDデモ隊による封鎖)
2. ファティマ教会インターセクション(UDDデモ隊による封鎖)
3. ディンデーン通りと戦勝記念塔の間のインターセクション(UDDデモ隊による封鎖)
4. ラチャパロップ通りとディンデーン通り交差点(UDDデモ隊による封鎖)
5. シー・アユタヤー通りインターセクション(UDDデモ隊による封鎖)
6. ウルポン・インターセクション(UDDデモ隊による封鎖)
7. ラチャウィティ通りのチュードレンズ病院付近(UDDデモ隊による封鎖)
8. 戦勝記念塔付近のパホンリオティン通り(UDDデモ隊による封鎖)
9. パヤタイ通りとラチャウィティ通り交差点(UDDデモ隊による封鎖)
10. 首相府付近の通り(UDDデモ隊による封鎖)
11. ロイヤル・プラザ(UDDデモ隊による封鎖)
12. ラチャウィティ・インターセクション(警察・軍による封鎖)
13. ウパイ・インターセクション(警察・軍による封鎖)
14. サオワニー・インターセクション(警察・軍による封鎖)
15. ワベンジャマボピット・インターセクション(警察・軍による封鎖)
16. パン・ファー・インターセクション(UDDデモ隊による封鎖)
17. ランルアン・インターセクション(UDDデモ隊による封鎖)
18. チョーポーロー・インターセクション(UDDデモ隊による封鎖)
19. ヨマラート・インターセクション(UDDデモ隊による封鎖)
20. テーワカン・インターセクション(UDDデモ隊による封鎖)
21. ワンデン・インターセクション(軍による封鎖)
22. シーサオテーベ・インターセクション(軍による封鎖)
23. ディンデーン高速道路入り口付近(軍による封鎖)


(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8501、696-3001(証明)
(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

○在チェンマイ日本国総領事館
 住所:Suite 104-107, Airport Business Park, 90 Mahidol Road,
    T. Haiya, A. Muang, Chiang Mai, 50100 Thailand
 電話: (66-53) 203367
 FAX : (66-53) 203373


続きを読む
posted by 瑠璃 at 18:08| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 在タイ日本大使館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク都を含む計6都県における非常事態宣言発令に伴う注意喚起 (2009年4月12日 15:30現在)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 タイ在留邦人の皆様へ

          【大使館からのお知らせ】
              
                     緊急一斉メール

============================

緊 急 【大使館からのお知らせ】 緊 急

バンコク都を含む計6都県における非常事態宣言発令に伴う注意喚起
(2009年4月12日 15:30現在)

1.12日午後2時20分にアピシット首相は、バンコク都、ノンタブリー県ムァン市、サムットプラーカーン県の一部(バーンプリ郡、プラパデェン郡、バーンボー郡及びバーンサオトン郡)、パトゥムターニー県の一部(ラムルックカー郡、タンヤブリー郡、ラードルムケーウ郡及びクロンルァン郡)、ナコーンパトム県プッタモントン郡及びアユタヤー県の一部(ワンノイ郡、バンパイン郡、バーンサイ郡及びラードブアルァン郡)において「非常事態宣言」を発令しました。
同首相によれば、今回の非常事態宣言により同都県での「5人以上の集会の禁止」「一部交通手段の制限」「報道の検閲」「建物、地域の使用制限」等が規制されることとなっています。
  
2.また、パタヤでのデモを主導したUDD幹部が逮捕されたこと及び今回の「非常事態宣言」の発令を受け、警察本部(セントラルワールド前)においてUDDのデモが行われ、デモ隊の一部は同日午後2時45分、アピシット首相が同非常事態宣言に関する記者会見を行った内務省に乱入し、同首相の身柄を拘束しようとして、一時警官隊と揉み合いになったとの報道もあり、今後デモ隊と警官隊との衝突も予想され、当地の治安情勢が一層悪化する可能性があります。

3.つきましては、タイに渡航・滞在される方は、報道等から最新情報の入手に努めるとともに、UDDが占拠している首相府、また、UDDデモ隊が今後向かうことが予想される憲法裁判所、民主党本部、陸軍司令部、首相私邸(スクンビット31)等の政府機関・施設、その他集会・デモ等には絶対に近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう引き続き十分注意してください。
 また、無用の誤解や混乱を避けるため、政治的な言動は慎んでください。
 加えて、政治的主張の違いに基づき、それぞれの集団は独自のシンボルカラーとして赤色(親タクシン派)、黄色(現政権支持派)のシャツ等を着ておりますので、付近地域に外出の際は混乱・誤解を避けるため、同色以外の服装の着用をお勧めいたします。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8501、696-3001(証明)
(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

○在チェンマイ日本国総領事館
 住所:Suite 104-107, Airport Business Park, 90 Mahidol Road,
    T. Haiya, A. Muang, Chiang Mai, 50100 Thailand
 電話: (66-53) 203367
 FAX : (66-53) 203373
続きを読む
posted by 瑠璃 at 18:06| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 在タイ日本大使館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

反独裁民主戦線(UDD)等による集会実施に関する注意喚起(2009年3月25日現在)在タイ日本大使館メール

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 タイ在留邦人の皆様へ

          【大使館からのお知らせ】
              
                     緊急一斉メール

============================
【大使館からのお知らせ】

反独裁民主戦線(UDD)等による集会実施に関する注意喚起
(2009年3月25日現在)

1.タイ関係当局等によると、26日(木)早朝から31日(火)にかけての6日間、王宮前広場(サナーム・ルアン)及び首相府付近において、UDD等の親タクシン派集団が新政権に反対するための大規模集会を行う模様です。
集会の規模については約3万人前後と見られる模様ですが、デモ開催が6日間と長期に及ぶと見られる点、及び王宮前広場から首相府までのデモ行進等が予定されている点などから、十分な注意を払う必要があります。

2.当該場所周辺では急遽の交通規制や立入規制等が予想されると共に、交通渋滞等が予想される他、展開如何によっては不測の事態が発生する可能性も排除できません。現状においてバンコク都内は平穏ですが、念のため引き続き国内の治安情勢に関して注意を払い続ける必要があります。

3.つきましては、タイに渡航・滞在される方は、報道等から最新情報の入手に努めるとともに、今後とも集会・デモ等が開催されている付近には近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。


(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

続きを読む
posted by 瑠璃 at 23:01| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 在タイ日本大使館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

スワンナプーム空港及びドンムアン空港周辺に対する非常事態宣言の解除(2008年12月9日)在タイ日本大使館メール

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 タイ在留邦人の皆様へ

       【大使館からのお知らせ】
              
                  一斉メール

============================
スワンナプーム空港及びドンムアン空港周辺に対する非常事態宣言の解除(2008年12月9日)


1.9日開催された閣議において、11月27日にタイ政府が発令した、スワンナプーム空港、ドンムアン空港及び両空港周辺地域への「非常事態宣言」は解除されました。

2.現状においてスワンナプーム空港及びドンムアン空港の周辺地域は平穏を取り戻しておりますが、現時点でタイの政局は未だ不安定な状態にあり、国内の治安情勢に関しても引き続き注意を払い続ける必要があります。

3.つきましては、タイに渡航・滞在される方は、報道等から最新情報の入手に努めるとともに、今後とも集会・デモ等が開催されている場所には絶対に近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう引き続き十分注意してください。

 
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

続きを読む
posted by 瑠璃 at 11:23| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 在タイ日本大使館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

「スワンナプーム空港からの航空便出発に関するお知らせ (2008.12.04 18:00現在)」在タイ日本大使館緊急メール

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 タイ在留邦人の皆様へ

       【大使館からのお知らせ】
              
                  一斉メール

============================
スワンナプーム空港からの航空便出発に関するお知らせ (2008.12.04 18:00現在)

スワンナプーム空港を包囲していたデモ隊撤収に伴い、現在スワンナプーム空港は再開に向け作業中です。空港当局からの発表によれば、タイ時間12月5日(金)午前11時に同空港の全面再開が正式に決定したとのことです。
現時点で判明している、航空会社のスワンナプーム空港からの運行便に関しては下記のとおりです。
今後、航空便運航に関する当館からのお知らせは中止いたします(但し、政情等が再度急変し出発便に大幅な変更が出た場合は、お知らせを再開いたします)。
以後の運行状況等につきましては、各航空会社に直接お問い合わせ願います。
以下、ウタパオ空港(UTP)、スワンナプーム空港(BKK)、成田空港(NRT)、関西空港(KIX)、広島空港(HIJ)と記載いたします。
 
 【注意】空港が再開されても、過密スケジュール等に対する対策や、現在までの予約客に対する対応は航空各社によって異なります。
また、予約されている便であってもキャンセル、出発時間遅延、時間変更等が予想されますので、搭乗を予定されている方は、搭乗方法や時刻等をご利用の航空会社に必ずご確認いただきますようお願いいたします。

1.日本航空(JL)
  5日の定期便運行予定は下記のとおりです。
     12/05 22:30 BKK → 06:15 NRT JL718便
  なお、6日からの定期便運行につき
     12/06 23:30 BKK → 07:15 NRT JL704便
 に関してはキャンセルとなっていますが、それ以外の定期便に関しては通常通り運行する模様です。
    ※チェックインに関しては、従来のJALバンコク支店ではなく、平常どおりスワンナプーム空港のチェックインカウンター(Rカウンター)に行われる予定です。
お問い合わせ先:
02-649-9500   (タイ語・08:30〜17:30)
001-800-852-5511(日本語・07:00〜17:30)
    日本国内   0120-25-5931    0570-025-031
   東京 03-5460-0511 大阪 06-6344-2365 名古屋 052-265-2580
   福岡 092-733-0852 札幌 011-232-1144 沖縄  098-862-7411

2.全日空(NH)
  5日の定期便運行予定は下記のとおりです。
     12/05 23:55 BKK → 07:35 NRT NH916便
 以降は、定期便をスケジュール通り運行する模様です。
    ※チェックインに関しては、従来のドゥシタニホテルではなく、平常通りスワンナプーム空港のチェックインカウンター(Lカウンター)に行われる予定です。
     お問い合わせ先
 02-238-5121(月〜金 08:30〜17:30、土08:30〜12:00)
 02-238-5132(予約センター)
       +81-3-6741-6685(日本予約センター・日本語・06:00〜17:00)

3.タイ航空(TG)
 ※本日のウタパオ空港発成田空港行き(12/03 22:35 UTP → NRT)については、スワンナプーム空港からの出発に変更されました。
  以降の、ウタパオ空港から出発を予定していた
    12/04 19:30 UTP → KIX   12/04 22:35 UTP → NRT
  の便(4日発着分の、便名が4桁の臨時便(TG***9))に関しては、
BITECにてチェックイン、スワンナプーム空港から搭乗
  という手段で搭乗手続が行われます。なおBITECの利用は、本日(4日)の24:00を以て終了されます。
   5日以降発着分に関しては、
スワンナプーム空港にてチェックイン及び搭乗
  が行われる模様です。
これらの便に搭乗予定の方は、タイ航空側に、念のため事前に搭乗方法をご確認されることをお勧めいたします。
問い合わせ先:タイ航空コールセンター(02-356-1111)
その他、TG本社によれば「下記電話番号を『予約・変更・新規』に対し開放中(24時間対応・タイ語、英語、日本語)とのことです」。
   02-545-1111    02-545-3191    02-545-4741
   02-545-4757    02-545-4771    02-545-4778
   02-545-1000
 
4.バンコク・エアウェイズ(PG)
 ※ウタパオ空港発広島行(12/05 01:00 UTP → HIJ)はキャンセルされました。以降の定期便運行予定は下記のとおりです。
     12/08 01:00 BKK → 08:20 HIJ PG811便
チェックインに関しては、従来のBITECではなく、平常通りスワンナプーム空港のチェックインカウンターに行われる予定です。
     お問い合わせ先
 02-265-8777(毎日08:00〜19:00) 1771(ホットライン)

5.その他の航空会社運行状況
 ※ 詳細については各航空会社にお問い合わせ、あるいは各航空会社のホームページなども併せてご確認ください。
 (1) ノースウェスト航空(NW)
   5日以降の定期便運行予定は下記のとおりです。
12/06 06:00 BKK → 13:55 NRT NW022便
チェックインに関しては、平常通りスワンナプーム空港のチェックインカウンターに行われる予定です。
事務所所在地:「ペニンシュラプラザ」4階
           4F The Peninsula Plaza, 153 Rajadamri Rd., Bangkok
    電話:02-660-6999・02-660-6900
営業時間:08:00〜17:00(月〜金)、土日休

 (2) ユナイテッド航空(UA)
   UAによれば、
12/05  時間未定 BKK → NRT UA838便
  に関しては、キャンセルが決定したとのことです。それ以降の便に関しては
12/06〜 06:40   BKK → NRT UA838便
  を最初に、順次定期便の運行を再開させる模様です。
同便のチェックインに関しては、平常通りスワンナプーム空港のチェックインカウンターに行われる予定です。
    事務所所在地:「TMBバンク・シーロム」ビル6階
           6F TMB Bank Silom Building, 393 Silom Rd., Bangkok
    電話:02-353-3939 営業時間:08:00〜17:00(月〜金)、土日休

 (3) シンガポール航空(SQ)
   5日以降のウタパオ空港発臨時便は全てキャンセルされました。
日本行の定期便に関しては
      12/05 23:05 BKK → 07:00 NRT SQ632便
を最初に、順次定期便の運行を再開させる模様です。
同便のチェックインに関しては、平常通りスワンナプーム空港のチェックインカウンターに行われる予定です。
    事務所所在地:「シーロムセンタービル」12階
           12F Silom Center Build., 2 Silom Rd., Bangkok
    電話:02-353-6000 営業時間:08:15〜17:15(月〜金)、土日休


在タイ日本国大使館領事部
  電話:02-207-8502、02-696-3002
  FAX :02-207-8511
 (従来まで電話窓口として開放していた電話番号に関しては本来の「旅券・証明(末尾〜8501、〜3001)」「査証専用(末尾〜8503、〜3003)」電話として、通常運用に移行します。本件への問い合わせに関しては上記8502、3002の回線への電話をお願いいたします。)

続きを読む
posted by 瑠璃 at 23:25| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 在タイ日本大使館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「スワンナプーム空港からの航空便出発/ウタパオ空港臨時便に関するお知らせ 2008.12.03 19:00現在」在タイ日本大使館緊急メール

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 タイ在留邦人の皆様へ

        【大使館からのお知らせ】
              
                    一斉メール

============================
スワンナプーム空港からの航空便出発/ウタパオ空港臨時便に関するお知らせ
2008.12.03 19:00現在

スワンナプーム空港を包囲していたデモ隊撤収に伴い、現在スワンナプーム空港の再開に向け保安点検作業中です。
現時点で当館が入手している航空関連情報によれば、タイ時間12月5日(金)に同空港の通常運用が再開される見込みです。
これを受け、航空各社は近日中にスワンナプーム空港からの運行を開始する模様です。現状で判明している、スワンナプーム空港からの出発便予定及びウタパオ空港からの臨時便出発予定につき、お知らせいたします。
以下、ウタパオ空港(UTP)、スワンナプーム空港(BKK)、成田空港(NRT)、関西空港(KIX)と記載いたします。
 
 【注意】空港が再開されても、過密スケジュール等に対する対策や、現在までの予約客に対する対応は航空各社によって異なります。
また、予約されている便であってもキャンセル、出発時間遅延、時間変更等が予想されますので、搭乗を予定されている方は、チェックインの場所・方法を含めた搭乗方法を、ご利用の航空会社に必ずご確認いただきますようお願いいたします。

1.日本航空(JL)
 ※ウタパオ空港発の臨時便運行に関する予定変更は、現時点ではありません。
これらの便に関しては、ウタパオ空港から出発します(チェックインに関しては、従来どおりBTSラーチャダムリー駅直近の、ナンタワンビル内のJAL本社にて行われます)。
   12/04 02:00 UTP → NRT   12/04 05:00 UTP → NRT
 ※5日以降、定期便の一部を運行再開する予定とのことです。
お問い合わせ先:
02-649-9500   (タイ語・08:30〜17:30)
001-800-852-5511(日本語・07:00〜17:30)
    日本国内   0120-25-5931    0570-025-031
   東京 03-5460-0511 大阪 06-6344-2365 名古屋 052-265-2580
   福岡 092-733-0852 札幌 011-232-1144 沖縄  098-862-7411

2.全日空(NH)
 ※12月4日発の臨時便(12/04 13:30 UTP → NRT)に関してはキャンセルされました。12月5日以降、スワンナプーム空港からの出発便を予定中です。
     お問い合わせ先
 02-238-5121(月〜金 08:30〜17:30、土08:30〜12:00)
 02-238-5132(予約センター)
       +81-3-6741-6685(日本予約センター・日本語・06:00〜17:00)

3.タイ航空(TG)
 ※本日のウタパオ空港発成田空港行き(12/03 22:35 UTP → NRT)については、スワンナプーム空港からの出発に変更されました。
  以降の、ウタパオ空港から出発を予定していた
    12/04 11:00 UTP → NRT   12/04 19:30 UTP → KIX
     12/04 22:35 UTP → NRT
     12/05 11:00 UTP → NRT   12/05 19:30 UTP → KIX
     12/05 22:35 UTP → NRT
  の便に関しては、現時点でタイ航空の対応が未定のため、詳細は不明です。
   12/03付の最終便(12/03 22:35 UTP → NRT)に関しては、「BITECにてチェックイン、スワンナプーム空港から搭乗」という方法を執っておりましたが、今後も同様の方法が執られるかどうかは確実ではありませんので、これらの便に搭乗予定の方は、タイ航空側に、事前に搭乗方法を必ずご確認ください。
問い合わせ先:タイ航空コールセンター(02-356-1111)
その他、TG本社によれば「下記電話番号を『予約・変更・新規』に対し開放中(24時間対応・タイ語、英語、日本語)とのことです」。
   02-545-1111    02-545-3191    02-545-4741
   02-545-4757    02-545-4771    02-545-4778
   02-545-1000
※臨時便の搭乗手続(12/03 22:35 UTP→ NRTで行われていた方法)に関しては下記のとおりです。
(1) ウィパワディー・ランシット通りに所在するタイ航空本社ビル「ビルディング3」の1階にて、搭乗便の再予約を行う(24時間対応)。
(2) 予約完了後は、
    「BITEC」(バイテックBangkok International Trade & Exhibition Centre・バンコク郊外の国際見本市会場)(EH106ビルディング、1階ロビー。24時間受付。チケット発給・出国手続双方可能。VATリファンド有)
でのチェックイン受付となります。チェックイン後は、同所にて出国手続も行ったうえで、バスでスワンナプーム空港まで移動します。
(3) なおTGによれば、現時点で希望便以外の行き先に登場予定であった搭乗客(例えば、元々は関西行のTG便であるが、今回は成田行に変更したい場合)で、これらバンコク市内のチェックイン場所にてチェックインしたい場合、「一度搭乗便の予約・行先変更を電話や本社ビル等で行った後に、同所にてチェックインする必要があり、同所にて行先変更はできないとのことです。
       (5) また、同じくTGによれば、「(バンコク市内から)BITEC行きのバスは手配していない」とのことです。最寄駅から離れているため、出来る限りタクシー等の車両を利用して移動する方がご賢明かと思います。
※タイ航空本社ビル
最寄駅:地下鉄パホンヨーティン駅。同駅から南約1キロ地点、ウィパワディー・ランシット通沿い(地図については11/29付の「大使館からのお知らせ」をご参照ください)
※BITEC(バイテック)
最寄駅:BTSオンヌット駅から南方約4キロ。スクンビット通りとバンナータラード道路との交差点付近に所在(地図については12/01付の「大使館からのお知らせ」をご参照ください。また、日本大使館領事部においても地図を頒布しています)。
 
4.バンコク・エアウェイズ(PG)
 ※ウタパオ空港発広島行(12/05 01:00 UTP → HIJ)はキャンセルされました。12月8日(月)からの、スワンナプーム空港発の定期便を再開させる方向で調整中の模様です。
     お問い合わせ先
 02-265-8777(毎日08:00〜19:00) 1771(ホットライン)

5.その他の航空会社運行状況
 ※ 詳細については各航空会社にお問い合わせ、あるいは各航空会社のホームページなども併せてご確認ください。
 (1) ノースウェスト航空(NW)
   ※ウタパオ空港から臨時便を運行する予定はなし。
   ※スワンナプーム空港からの定期便再開に関しては下記のとおり。
12/06 06:00 BKK → 13:55 NRT NW022便
事務所所在地:「ペニンシュラプラザ」4階
           4F The Peninsula Plaza, 153 Rajadamri Rd., Bangkok
    電話:02-660-6999・02-660-6900
営業時間:08:00〜17:00(月〜金)、土日休

 (2) ユナイテッド航空(UA)
   ※ウタパオ空港から臨時便を運行する予定はなし。
   ※12月5日以降、スワンナプーム空港を利用し、定期便を再開させる予定。(5日出発便に関しては時間未定。6日以降は下記の時間で運行予定)
12/05  時間未定 BKK → NRT UA838便
12/06〜 06:40   BKK → NRT UA838便
    事務所所在地:「TMBバンク・シーロム」ビル6階
           6F TMB Bank Silom Building, 393 Silom Rd., Bangkok
    電話:02-353-3939 営業時間:08:00〜17:00(月〜金)、土日休

 (3) シンガポール航空(SQ)
  ※12月3日のウタパオ空港出発便に関しては変更なし。
それ以降の日本行き直行便の運行に関しては、5日以降の定期便が出発できるよう調整中。
    事務所所在地:「シーロムセンタービル」12階
           12F Silom Center Build., 2 Silom Rd., Bangkok
    電話:02-353-6000 営業時間:08:15〜17:15(月〜金)、土日休


在タイ日本国大使館領事部
  電話:02-207-8501〜8502、02-696-3001〜3002
  FAX :02-207-8511
 (従来まで電話窓口として開放していた末尾〜8503、〜3003の電話番号に関しては本来の「査証専用」電話として運用します。本件への問い合わせに関しては上記2回線への電話をお願いいたします。)

続きを読む
posted by 瑠璃 at 23:19| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 在タイ日本大使館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

在タイ日本大使館緊急メール「ウタパオ空港からの臨時便発出のお知らせ(続報2)2008.12.01 09:00現在」

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 タイ在留邦人の皆様へ

          【大使館からのお知らせ】
              
                     緊急一斉メール

============================

ウタパオ空港からの臨時便発出のお知らせ(続報2)
2008.12.01 09:00現在

28日夜から、ウタパオ空港から順次出発している臨時便の日程につき、判明している範囲内の日程をお知らせいたします。
以下、ウタパオ空港(UTP)、ドンムアン空港(DMK)、成田空港(NRT)、関西空港(KIX)と記載いたします。
1.日本航空(JL)
   12/02 03:00 UTP → KIX※
   12/02 06:00 UTP → NRT※
お問い合わせ先:
02-649-9500(タイ語・08:30〜17:30)
001-800-852-5511(日本語・07:00〜17:30)
     ※12/02の関西行、成田行便については、12月1日にJALバンコク支店(バンコク都内ラーチャダムリー通り所在の『ナンタワンビル (BTSラーチャダムリー駅東側直近) 』にて、JALの予約の有無に拘わらず全ての顧客に対し販売するとのことです。
2.全日空(NH)
   12/01 13:30 UTP → NRT(※満席)
   12/02 13:30 UTP → NRT(※12/01 09:00〜予約センターにて受付)
     お問い合わせ先
 02-238-5121(月〜金 08:30〜17:30、土08:30〜12:00)
 02-238-5132(予約センター)
       +81-3-6741-6685(日本予約センター・日本語・06:00〜17:00)
       +81-3-6741-1120(日本予約センター・英語・06:00〜17:00)
※全日空によれば、「予約ができた搭乗客は、チェックインをバンコク都内『ドゥシタニ・ホテル(BTSサラデーン駅、地下鉄シーロム駅直近)』にて行い、その後全日空手配のバスでウタパオ空港まで移動する」とのことです。
詳細は全日空にお尋ねください。
3.タイ航空(TG)
   12/01 10:30 DMK → KIX(※詳細調査中)
   12/01 11:00 UTP → NRT(※満席)
   12/01 22:35 UTP → NRT
   12/02 22:35 UTP → NRT
   12/03 11:00 UTP → NRT
問い合わせ先:タイ航空コールセンター(02-356-1111)
※依然、TG便に関しては、既にチェックインされたにも拘わらず出発できなかった(レフトオーバー)搭乗客が優先搭乗する模様ですが、
? ウィパワディー・ランシット通りに所在するタイ航空本社ビル「ビルディング3」の1階にて、搭乗便の再予約を行う(24時間対応)。
? 再予約完了の搭乗客は、その後センタラホテル隣の「バンコクコンベンションセンター1階」にてチェックインし、同所からバスでウタパオまで出発する。出発の5時間前には同センターに要集合。
? ウタパオ空港での発着便を希望する場合、バンコクコンベンションセンターでのチェックインが最も便利です。ウタパオ空港は現在大変混み合っており、チェックインまで長時間を要する他、場合によってはオーバーブッキング(予約受理数が搭乗可能数を越える)などのトラブルも発生しています。同所でチェックインした場合、出国手続も併せて行える等、飛行機までの搭乗がスムーズです。
? なおTGによれば、現時点で希望便以外の行き先に登場予定であった搭乗客(例えば、元々は関西行のTG便であるが、今回は成田行に変更したい場合)で、バンコクコンベンションセンターにてチェックインしたい場合、「一度搭乗便の予約・行先変更を電話や本社ビル等で行った後に、同所にてチェックインする必要があるとのこと(同所にて行先変更はできないとのこと)。
? 12/01からは「BITEC(バイテックBangkok International Trade & Exhibition Centre・バンコク郊外の国際見本市会場)」にてもチェックイン可能とのこと。但し、郊外でありBTSオンヌット駅から南方、スクンビット通りとバンナータラード道路との交差点付近に所在。

※タイ航空本社ビル
最寄駅:地下鉄パホンヨーティン駅から南約1キロ地点、ウィパワディー・ランシット通沿い
※センタラホテル/バンコクコンベンションセンター
最寄駅:BTSサイアム駅付近「セントラルワールドプラザ」内





在タイ日本国大使館領事部
  電話:02-207-8501〜8503、02-696-3001〜3003
  FAX :02-207-8511

続きを読む
posted by 瑠璃 at 23:07| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 在タイ日本大使館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。