2010年01月31日

タイで犬を飼うには

チョコままさんから、犬を飼うことについて

ご質問がありましたので、分かる範囲でお答えしたいと思います。


瑠璃さま  

こんばんは。いつも親切に教えていただき、ありがとうございます。
やはり、物価は上がっているのですか。
でも、給料は変わらず、通貨レートも下がっている。。。

とにかく、『タイ人の感覚では、1バーツは100円くらいの価値観』ですね。1バーツも貴重なのだと、認識しました!

ところで、こちらで伺うのもどうか?なのですが、
大型犬と住む場所を探しはじめました(まだ、当たりをつける程度です)が、OZONOの近くに住むのは安易でしょうか?
会社の命令で、自分で車の運転NGなのです。
犬の散歩の場所がまず大前提で立地を決めなくては。。。と焦っています。一般の公園は、2005年11月以降からペット立ち入り禁止と聞きました。

もしくは、会員制のお散歩可の公園の近くかと思っています。
まだ、1箇所しか認識できていません。
1軒屋で庭付きが1番よいのですが、そうもいきませんよね?
また住む場所に中庭とか敷地があっても嬉しいのですが、ペット排泄は絶対禁止と思うし。。。

このような質問をmixiでする場合、バンコクの犬コミュよりも、バンコク全般についてのコミュで聞いた方が、情報が集まるでしょうか?
(犬のコミュは昨年10月くらいから静かなんです。)

余談が長く、ごめんなさい。
ご存知でしたら、また教えてください。
いつもスミマセン。

Posted by チョコまま at 2010年01月27日 22:48


タイの犬1 タイの犬2



我が家は犬を飼っていないので詳しいわけではありませんが

OZONOは、ペットを飼っている人にはとっても良い場所です。

おしゃれで、新しいスペースです。

場所はスクンビットソイ39の奥、

どちらかと言うとニューペップリー寄りって感じ。

ただ気になる点は、この通りは奥のほうは一方通行が多く

雨季では水没もある場所なので

そこはしっかり頭に入れておくことです。

しかも、この通りは雨が降ったら水没だけでなく

むちゃくちゃ混むため、車が立ち往生することもあるので

そこも頭に入れて置いてください。

ただ、すごく良い点は、近所に富士スーパーや日本料理店や

日本人の住みやすい環境と言えます。

バンコクだけでなくタイで住むということは

日本のように住むことは出来ないので

どれを優先するか、優先順位をしっかり決めることが大事です。

どれ全部大事、どれも譲れないと言うと、

どこにも住めなくなってしまうので・・・・

会社の命令で、自分で車の運転NGなのです。


これは、バンコクの駐在員の方はほとんどそうです。

我が家は例外でしたが、基本的に、バンコクで駐在員は

車の運転は危険すぎるので、安全上運転させません。

だからNGなんですよ。

で、話がそれましたが、犬を飼える住宅ですが・・・

基本的にタイでの住まいは、

マンション、コンドミニアム、サービスアパートメントが

主流です。

マンションは1棟全室が1人のオーナー。

コンドミニアムは、1室1室にそれぞれオーナーがいるタイプで

そのオーナーによって犬が飼えるかどうか条件が異なります。

サービスアパートメントは、ホテル的要素も備わっていて

キッチンで自炊したり、洗濯を自力でしたりも出来ますが

基本掃除、洗濯などのサービスがついています。

で、チョコままさんが言っていた一戸建てですが・・・

セキュリティの関係上、多分会社がダメと言ってくる

可能性があります。

一戸建ては金持ちの住む家と言う感覚がタイの庶民感覚です。

それだけで、泥棒が押し入る可能性があります。(^_^;)

理想は、一戸建てで犬を飼うのがベストですが

多分、セキュリティの関係で無理じゃないかなと思います。

飼えるとすれば、ペット可のマンションか、コンドミニアム

という事になります。

ただ、気になる点がもうひとつ。

image01-31-01.jpg


タイでは野良犬がものすごく多いってこと。

実は、国王様が犬が大好きでいらっしゃるため

犬は野良犬であろうとも、大事にされています。

そのため、バンコクの街でも犬がたくさんいます。

私も何度も犬で怖い目にあいました。

決して犬が嫌いってわけではありません。

私自身、子供のころ犬を飼っていましたし

慣れていないわけではないのです。

ただ、タイの野良犬は、狂犬病の心配もあります。

犬を散歩していて、野良犬に遭遇したら・・・・

やっぱりドッグランのある場所のほうが

安全かなと思います。

このような質問をmixiでする場合、バンコクの犬コミュよりも、バンコク全般についてのコミュで聞いた方が、情報が集まるでしょうか?


とりあえず、バンコクの犬コミュに相談してみて、

それでもダメな場合は、バンコク全般についてのコミュで

「失礼かもしれませんが、バンコクの犬コミュでは、相談に乗ってもらえなかったので」と書いた上で、相談してみると良いかと思います。

それでもダメなら、バンコクで犬を飼っている方を

紹介いたしますね。


P.S. 上の写真は、エンポリアムで1年に1度行われる
犬の1週間の時の写真です。
普段はエンポリアムに犬を入れることは出来ません。(^_^;)
下のほうの黒い犬は、ラン島のビーチで見かけたワンコです。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
良かったら↓ぽちっとして応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
posted by 瑠璃 at 11:36| バンコク ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ・バンコク生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
瑠璃さま

私の散漫な質問にそれぞれご丁寧に回答していただきまして、どうもありがとうございます。

OZONOの近く→『この通りは雨が降ったら水没だけでなくむちゃくちゃ混むため、車が立ち往生することもある』とは、凹みました。やはり、住んでいらっしゃった方でないと解らないですね。

今、私が優先で考えられる事項は、以下です。
1)大型犬が飼える/北東側の部屋
2)日本人学校の送迎バスのルートである
3)周辺道路が水没しない
4)ドッグランまたは、犬が散歩できる庭がある

さらにあげるとキリがないのですが、またmixiの犬飼いのみなさんにも質問して調べてみます。
mixiへの質問の仕方も教えていただいて、ありがとうございました。

がんばります。
Posted by チョコまま at 2010年02月01日 09:03
チョコままさん

早速のレスありがとうございます。
お返事送れちゃってごめんなさい。
息子の高校受験を控えて、気持ちが集中できなくて(^_^;)

交通渋滞に関しては、バンコクでは1時間くらいの渋滞は当たり前なので、仕方ないと思うほうが気が楽かもしれません。
ただ、水没に関しては、場所によっては水没しない地域もありますので、これはコンドミニアムやマンションの契約前下見の時に住んでいる日本人に直接話を聞くとよいですよ。

北側に住むのは日本で言うところの南向きと同じ扱いです。
北側じゃないと暑くて、エアコンをずっとかけてなくちゃいけなくて、電気代がとんでもないことになります。
日本人学校のバスルートも大事です。
ちょっと遠いと1ヶ月にかかるバス代がとんでない金額になります。

いろいろ心配なことがたくさんあるかと思いますが、そこは日本と比べず、「これと、これは良いから、後は仕方ない」くらいの大らかな気持ちで住まい選びができたらと思います。
Posted by 瑠璃 at 2010年02月01日 10:47
まず、王子様の志望校合格、おめでとうございました。
(発表なさっていたブログにコメント入れようとしたのですが、登録がないので拒否されてしまいました凹)
緊張感バリバリの時に回答をいただいていたようで、すみませんでした。

それなのに、更にまた教えていただきたいのですが、ごめんなさい。

こんどは、娘視点も追加して、大型犬物件をピックアップしているのですが、日本人学校の送迎バスのルートがまず解りません。それと「所要時間が短くて良い」と「遠くて送迎料が高価になる」の基準が解りません。
安易に、人気エリアで探すとスクンビットソイ39、49が人気となっています。偶数側は、送迎バスに不利でしょうか?
または、スクンビットエリアなら、送迎の心配はしなくて大丈夫ですか?

簡単でよいので、教えていただけますか?
よろしくお願いします。
Posted by チョコまま at 2010年02月03日 12:44
チョコままさん

お祝いの言葉ありがとうございます。
楽天の方は、いたずら書き込みが多いので
登録のない方には、ごめんなさい
コメントできなくてm(._.)m ペコッ

お返事のほうは、記事にさせてもらいますね。
Posted by 瑠璃 at 2010年02月04日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139845534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。